日本国際テコンドー連盟|テコンドーを通して体を鍛えるだけでなく、礼儀正しさや精神面の向上など、健全な青少年の育成を目指します。
 

テコンドーとは

テコンドーの歴史、精神などを紹介、解説しています。

連盟について

日本国際テコンドー連盟についての説明をしています。

各支部・道場のご紹介

連盟加盟の支部、道場を紹介しています。

メディア出演

メディア出演情報を掲載しています。
お問い合わせ
現在のページ:トップページ > テコンドーとは

テコンドーとは

 

テコンドーの歴史

テコンドーとはテコンドーは1955年4月に、当時韓国の陸軍少将であった故・崔泓熙(チェ・ホンヒ)氏[1918年11月9日~2002年6月15日]によって唐手(空手)や朝鮮古武道(テッキョン)を参考にしつつ、研究開発され体系化された近代武道です。
テコンドーは、東洋の倫理道徳を精神的根幹とし、足技1200種、手技2000種、計3200種の技からなる武道です。攻撃と防御の方法には軍隊戦術を採択し、現代科学の原理をもって人体の持ち得る最大のパワーを出せるように体系化されています。
テコンドーはその後も今日に至るまで研究と開発が続けられ、現在テコンドーを実践する多くの人々によって世界130ヶ国以上に広められています。現在の修練者人口は、空手が2000万人であるのに対し、テコンドーは3800万人と言われており、世界で最もポピュラーな武道となっています。

テコンドーの精神

テコンドーは武道を源とし、近代スポーツの道を歩んでいます。相手を傷つけたり、倒すだけのものではなく、ルールの下で技を競い合う事を理念としています。 また、テコンドーの精神として下記の5つを掲げており、その順序にもそれぞれ意味があります。
テコンドーは、礼に始まり、礼に終わる武道です。「礼儀」とは人として備えるべき基本として 位置づけられ、
一番最初に挙げられています。
礼儀ある人間は常に客観的に自分自身を見つめ、潔く恥じる謙虚な心を兼ね備えます。
謙虚な心を身に付ける事こそが正しい道を進むための重要な精神です。
目標に向かってそれを乗り越えようとする時には、苦難の道が待ち構えています。
逃げ出したくなる試練にもじっと耐え忍び、一歩ずつ進んでいくことが一番の近道です。
最大の敵は自分自身の中にいます。
自己を制し、打ち克つことで自分自身を大きく成長させます。
本当の強さとは、決して倒れないことではなく、倒れても再び立ち上がれることです。
忍耐・克己を何度も経験し、決してあきらめない強い精神を身につけます。
現在テコンドーが世界中で愛されているのは、テコンドーが教育的な武道精神を根源に持ったスポーツとして支持されたからに他ならないのです。
トゥルとはテコンドーにおける型のことを指す名称で各級、段において習得すべき課題となるトゥルが規定されており、全部で24種類存在します。トゥルは技術、理論、精神を効率的に習得できるように組み立てられた体系であり、攻撃から追撃へ、攻撃から防御へ、防御から反撃へ、防御から防御へ、といった連続動作を一連の流れとして活用できるように実戦を意識して編纂されたものです。
また、テコンドーで技として規定される動作は使用部位、スタンス、攻撃箇所の組み合わせにより3200種類にも及ぶため、これを一つ一つの個々に習得するよりも複数の動作を一貫した動きの中でまとめて習得できるというメリットもあります。
特にトゥルの習得において重要な事は各トゥルの一つ一つの攻防動作の意味を意識し、常に相手が居ると仮想して正確な動作をリズム良く行うという点です。 トゥルの名称には韓国の歴史上で欠かせない忠国の志士として高名な人物の名前を中心に日付、決意のスローガンといったものが制定されています。トゥルを実
践する上で彼らの目指したもの、彼らが生涯を通して貫こうとした意思、そして行った行為、決意等を知り、認識することでテコンドーがトゥルを通して伝えようとしている精神を学んで頂けると幸いです。

トゥル(型)

  • 開始地点に戻り終了しなければならない。
  • 常に正確な姿勢と目標に対し、身体の方向を適切に維持しなければならない。
  • 全ての動作は力を入れるところ、入れないところを適切に行わなければならない。
  • 全ての動作は柔軟でリズミカルに行ない、どのような場合でも力みがあってはならない。
  • 全ての動作は百科事典で示すように、速い動作、緩やかな動作、連続動作などをおこなうことによって、「舞踊」となることを防ぎ、各動作の目的を果たすことができる。
  • 一つのトゥルを完全に習得する前に、次のトゥルを学んではならない。
  • 各動作の目的と方法を確実に理解しなければならない。
  • 各動作ごとに敵を想定し練習をしなければならない。
  • 攻撃や防御の練習は一方の手や足に偏ってはならない。

名称 読み 動作数 演武線 名称の由来
天地 チョンジ
(chon-ji)
19 天地の演舞線 東洋において「天地」は、世界の創造あるいは人類の歴史の始まりと解釈されているため、最初に学ぶ型に名づけられた。演武線(+)を2回転する動作で、一回転目は天を表し、二回転目は地を各々意味している。
檀君 タングン
(dan-gun)
21 檀君の演舞線 紀元前2333年に朝鮮を建国したと伝説上いわれている聖祖・檀君(タングン)の名にちなんだ。
島山 トサン
(do-san)
24 島山の演舞線 日本による植民地支配の時代、その全生涯を教育の向上と独立運動に捧げた、安昌浩(アンチャンホ)の雅号。
元曉 ウォニョ
(won-hyo)
28 元曉の演舞線 西暦686年新羅の王朝に仏教を初めて伝えた高僧、元曉(ウォニョ)大師の名にちなんだ。
栗谷
(yul-gok)
38 栗谷の演舞線 李退渓(イ・トェゲ)とともに朝鮮儒学の双璧を成す大儒学者、李珥(イ・イ)のこと。東方の聖人とも呼ばれた彼の字(あざな)である。演武線の「士」は学者を表している。38の動作は、彼の生まれた地域の緯度を意味する。
重根 チュングン
(joong-gun)
32 重根の演舞線 祖国独立のために闘った安重根(アン・チュングン)の名にちなんだ。のちに彼は合併に反対し、初代総督伊藤博文を暗殺し、処刑された。動作数32は氏の没した時の年齢を表している。
退渓 トェゲ
(toi-gye)
37 退渓の演舞線 栗谷こと李珥(イ・イ)と並び朝鮮儒学の最高峰である李滉(イ・ファン)の字。退渓は彼を尊敬の念をこめて呼ぶ際の別名である。演武線の「士」は学者を表している。37の動作は彼が生まれた地域の緯度を意味する。
花郎 ファラン
(hwa-rang)
29 花郎の演舞線 7世紀新羅王朝時代の、青年貴族の軍団で当時の朝鮮半島に割拠していた高句麗、百済、新羅の三国を統一する原動力のひとつとなった花朗徒(ファランド)の名にちなんだ。
忠武 チュンム
(choong-moo)
30 忠武の演舞線 文禄・慶長の役で戦った李朝の海軍提督、李舜臣(イ・スンシン)将軍の諡号(しごう)。このトゥルが左手の攻撃で終わっているのは、自らの能力100%発揮出きず人生を閉じた事を表している。
廣開 ンゲ
(kwang-gae)
39 廣開の演舞線 高句麗王朝19代目の最強の王、廣開土王(クワンゲトワン)の名にちなんだ。演武線の「土」は隣国に奪われた領土を奪還して領土拡張を果たした事を表し、動作数39は王位に付いた西暦391年の上2桁を表している。
圃隠 ポウン
(po-eun)
36 圃隠の演舞線 高麗末期の有名な詩人である文臣、鄭夢周(チョン・モンジュ)の雅号。演武線の「-」は氏の国への一途な忠節を表している。
階伯 ケベ
(ge-baek)
44 階伯の演舞線 百済王朝末期の悲劇の将軍、階伯(ケベ:660年没)の名にちなんだ。演武線「|」は厳格な軍規を表している。
義菴 ウア
(eui-am)
45 義菴の演舞線 1919年の三一独立運動のリーダー、孫秉煕(ソン・ビョンフィ)の雅号。演武線「|」は 民族繁栄の為に一身を捧げた氏の百折不屈の精神を表している。45の動作は1905年に東学を天道教に改名宣布した時の先生の年令を表している。
忠壮 チュンジャン
(choong-jang)
52 忠壮の演舞線 14世紀翼虎将軍として勇名を轟かせながらも謀略により27歳で非運を遂げた義兵隊長、金徳齢(キム・ドンリョン)の雅号。左手で終わる動作は志半ばで処刑された無念を表した。
主体 チュチェ
(ju-che)
45 高堂の演舞線 テコンドーでいう克己は、まず自らの主体(チュチェ)を確立することだ。演武線は、朝鮮民族の主体を象徴する白頭山をイメージしている。
三一 サミ
(sam-il)
33 三一の演舞線 1919年3月1日に、ソウル・パゴダ公園での独立宣言をきっかけに全国を揺るがせた三一独立運動の歴史的な日付を示している。33の動作数は独立宣言文書に署名した33人の民族代表を表している。
庚信 ユシン
(yoo-sin)
68 庚信の演舞線 高句麗、百済、新羅の三国時代に終止符を打った新羅の大将軍、金庚信(キム・ユシン)将軍の名にちなんだ。動作数68は朝鮮半島統一を果たした西暦668年の下二桁を表している。準備姿勢において刀を右手で抜く所を左手で抜いたことは外部勢力と結びついたことによって、同族に不利な戦争をしたことを意味する。
崔瑩 チェヨン
(choi-yong)
46 崔瑩の演舞線 高麗王朝末期の武人政治家、チェ・ヨン将軍の名にちなんだ。当時、彼の忠誠心と愛国心、謙虚な姿勢は国民の支持を受けたが、部下(イ・ソンゲ)のクーデターにより処刑された。
淵蓋 ヨンゲ
(yon-gae)
49 淵蓋の演舞線 高句麗末期の勇猛な将軍、淵蓋蘇文(ヨンゲ・ソムン)の名にちなんだ。動作数49は大陸に君臨していた唐の太宗が率いる30万の侵入軍を撃退した西暦649年の下二桁を表している。
乙支
(ul-ji)
42 乙支の演舞線 612年に隋の煬帝に率いられた約百万の隋軍の侵入を撃退し、高句麗の防衛を果たした乙支文徳(ウチ・ムンド)将軍の名。 演武線は氏の名前の「乙」の字のイメージである。42の動作はこの型が完成した当時の創始者の年齢。
文武 ムンム
(moon-moo)
61 文武の演舞線 高句麗、百済、新羅の三国を統合した新羅第13代目の王である文武(ムンム)を称えて名づけられた。動作数61は王位に即位した西暦661年の下二桁を表している。
西山 ソサン
(so-san)
72 西山の演舞線 文禄の役に抗して僧侶義兵軍を組織した、李王朝時代の高僧、崔玄應(チェ・ヒョヌン)の雅号。動作数72は氏が僧兵を組織した時の年齢を表している。
世宗 セジョン
(se-jong)
24 世宗の演舞線 1442年世界初の測雨器、1443年に訓民正音を編み出すなど、史上最も偉大な王として有名な、世宗(セジョン)の名にちなんだ。演武線(王)は王である事を表す。
統一 トンイル
(tong-il)
56 統一の演舞線 1945年以来分断されている朝鮮半島の統一の決意をあらわしている。演武線の「|」は両国の国民が分けられる謂れ無き一つの民族である事を表している。